無料ブログはココログ

« 庭のツバキ(1) 10月末までに咲き出した品種 | トップページ | 咲き乱れるはずの「王冠」だったのですが… »

2016年2月25日 (木)

庭のツバキ(2) 11月に咲き始めた品種

 ツバキはつぼみがついても、開花するまでに随分かかります。蕾に花弁の一部が見えて、もうすぐ開くのかなと思っても、それから1、2ヶ月も開いてこないことがあります。どんなしくみになっているのかよくわかりませんが、開花するのを今か今かと待つのも花の楽しみのひとつかもしれません。

 以前雪のために、折角きれいに咲いていた花が無残な姿になったことがあったので、雪の季節になる前に咲く、早咲きの品種を多く植えました。そのため、私の庭では11月に入ると開花するツバキの種類も多くなってきます。


⑦ 卜半錦

 卜半という品種がよく知られていますが、唐子咲きの同じ系統で、唐子弁の1枚1枚に細かな白斑が入るのが特徴です。先に紹介した雪灯籠は白花ですが、それを赤くしたものによく似ています。

S2c3a7569
S2c3a7580
⑧ 品種名不明

 山に自生するヤブツバキの花によく似ているので、その系統だろうと思うのですが、品種名がわかりません。花弁は全開せず、黄色の葯がきれいな、野性味があるツバキです。昨年は気候条件がよかったのか、たくさん花が咲きました。

S2c3a8475
S2c3a8855
S2c3a9208
⑨ 紅妙蓮寺

 赤色、大輪の花が咲きます。もう少しきれいに咲いていたときもあったのですが、撮る機会を逃してしまいました。最初の写真のように咲き始めは椀咲きですが、次第にラッパ咲きになり、最後は2枚目のように雄しべも大きく開きます。好みにもよりますが、私は咲き始めの椀咲きの頃が好きです。

S2c3a9104
S2c3a8082
S2c3a9726
⑩ 品種名不明

 これは確か「葵の上」ということで、買ったように思うのですが、違っているようにも思うので、品種名不明としました。サザンカにも似たような品種があり、サザンカの血が混じっているように思います。この整わない花弁の形と紅白が混じる色具合がこの花の魅力です。

S7532_1
⑪ 品種名不明

 このツバキも正確な品種名がわかりません。今まではあまりきれいだとは思わなかったのですが、昨年は少し大きく、ピンクがきれいな小輪の花が咲きました。雄しべがあちらこちらに散らばっているので、散りしべというのでしょうか。この散りしべもきれいでした。

S8062















« 庭のツバキ(1) 10月末までに咲き出した品種 | トップページ | 咲き乱れるはずの「王冠」だったのですが… »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1655236/64139846

この記事へのトラックバック一覧です: 庭のツバキ(2) 11月に咲き始めた品種:

« 庭のツバキ(1) 10月末までに咲き出した品種 | トップページ | 咲き乱れるはずの「王冠」だったのですが… »