無料ブログはココログ

« 庭のツバキ(2) 11月に咲き始めた品種 | トップページ | 庭のツバキ(3) 12月に咲き出した品種 »

2016年2月29日 (月)

咲き乱れるはずの「王冠」だったのですが…

 今年はたくさんつぼみをつけ、12月にこの王冠という品種がきれいに咲きました。花は中輪から大輪と大きいので見栄えがし、白地に赤い縁取りがあるツバキです。          
 ただ、不思議なことに、ある時、昨日まで確かにあったはずの蕾がなくなっていることに気づきました。その後もだんだん少なくなっていき、最後の頃は咲いていた花もなくなりました。食い荒らした跡も、近づいた足跡もなかったのですが、タヌキかリス、アライグマなどの動物の仕業ではないかと思っています。


⑫ 王冠

 開花は12月でしたが、11月にはこのような蕾が見られました。開いた花のような華麗さはありませんが、控えめな美しさを感じます。

S2c3a8834
 固く閉じていた蕾がやっとほころび始めました。ツバキの蕾は意外と堅く、開くまでに随分かかります。

S2c3a9080
 やっと花が開きました。小さなアブかハチが蜜を求めてやってきています。鳥も花粉を運ぶようですが、私は鳥が来ている所を見たことがありません。

S2c3a9605
 私は蕾の時や開き始めの時が好きですが、やはり完全に開花した時もいいですね。

S2c3a9413
S2c3a9124
S2c3a9199







« 庭のツバキ(2) 11月に咲き始めた品種 | トップページ | 庭のツバキ(3) 12月に咲き出した品種 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

soccer目の覚めるような造形でした。ツバキ、いいですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1655236/64200837

この記事へのトラックバック一覧です: 咲き乱れるはずの「王冠」だったのですが…:

« 庭のツバキ(2) 11月に咲き始めた品種 | トップページ | 庭のツバキ(3) 12月に咲き出した品種 »