無料ブログはココログ

« 自然教育園に行ってきました(2) | トップページ | 庭のツバキ(2) 11月に咲き始めた品種 »

2016年2月23日 (火)

庭のツバキ(1) 10月末までに咲き出した品種

 用があって東京に来ていますが、思うようなブログの記事を書く材料がなかったので、しばらく休業状態でした。しかし、東京での生活にも余裕がでてきたので、昨年の9月から撮りためていた庭のツバキ写真を整理し、紹介していこうと思います。


① 西王母

 よく知られた早咲きのツバキです。いつもは10月から咲き出すのですが、昨年はうんと早く、8月の終わりから咲き出しました。この品種だけでなく、全体的に早く咲き出したように思います。花は比較的大きく、見応えのある桃色系統の花です。私は開ききるよりも、口がすぼんだ筒咲きの時が好きです。

S2c3a3698
S2c3a4172
② 雪灯籠

 雪のように白い花色で、唐子咲きというのでしょうか、独特の花弁模様が花に変化をつけています。こちらも早咲きですが、例年のように10月に入って咲きました。
 

S2c3a5333
S2c3a7795
S7810
③ チャ(チャノキ)

 以前、地元のお茶農家の方からいただいたもので、確かヤブキタという品種だと記憶しています。お茶といえば静岡や京都が有名ですが、その方はそういう産地にも負けないおいしいお茶づくりをめざしており、今では時々見かける日本産の紅茶もかなり昔から作られ、緑茶も紅茶もウーロン茶も、全く同じチャの葉から出来るのだという話を聞かせていただいたことがあります。
 普通、お茶の栽培には樹が弱るので花を咲かせませんが、ツバキ科ツバキ属のチャは花もきれいで、毎年10~11月に花が咲きます。

S2c3a5373
④ 品種名不明

 確か「桃太郎」として買ったのですが、どうも花の様子が違います。花は小輪で、つぼみの頃はピンク色を帯びているのですが、だんだん色が薄れて白くなっていきます。

S2c3a6914
S2c3a9996
⑤ 吹雪白玉

 昨年はじめて花がつきました。白地に吹きかけ絞りという紅色の細かな模様が入るのが特徴です。はじめての花なので、あまりきれいではありませんが、これまでの経験からすると年々花がきれいになっていくように思うので、今年の花が楽しみです。

S2c3a6959
⑥ 初嵐

 10月末までに咲き出した最後の花になります。いつもはもう少し早く咲いているように思うのですが、今年は少し遅く、花も少し小ぶりで、いつもの端正さが不足しているように感じました。でも、整った、きれいな白花です。

S6932













« 自然教育園に行ってきました(2) | トップページ | 庭のツバキ(2) 11月に咲き始めた品種 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

今、沖縄ではヤブツバキが咲いています。

先日、ツバキにとても興味のある4人の花友と変わり物のツバキがないか山の中を探し回りました。4人とも変り物のツバキを育てています。(私はあまり興味ない・・・)

新葉の色で白いツバキがあるとか、黒みがかっているとか?斑入りだとか?
木を見て歩き良い物が有れば挿し木で増やすようです。

今晩は。

  今回紹介したツバキは全て園芸品種ですが、2種類ほど名前がわからず、ヤブツ
 バキの系統だろうという赤花のツバキがあります。ツバキは交配しやすいようなの
 で、種から育てると親とは異なる形質(花や葉など)を持つものが出てくるようです。
  自然交配による品種で有名なものは、五島列島で見つかったという「玉之浦」という 品種です。原木は絶えてしまったようですが、挿し木で増やしたものが全国に広まっ ているようです。私も五島列島の業者から手に入れたものを植えています。
  きっと花友さんたちが探しているのは、自然交配で出来た種子が育った株だろうと
 思います。挿し木であれば、その形質は保たれますので、よい樹が見つかるといい
 ですね。

こんばんは。といってももうすぐ1時です。

 ぼくも開ききるよりも、筒咲きの時が好きです。が、なかなかそういうチャンスに巡り会えません。
 庭のツバキシリーズ、楽しみです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1655236/64101112

この記事へのトラックバック一覧です: 庭のツバキ(1) 10月末までに咲き出した品種:

« 自然教育園に行ってきました(2) | トップページ | 庭のツバキ(2) 11月に咲き始めた品種 »