無料ブログはココログ

« 2016年2月 | トップページ

2016年3月

2016年3月14日 (月)

庭のツバキ(4) 1月以後に咲いたツバキ

 私的な用で、しかも自宅を離れているのでブログを休むことが多くなっていますが、来週はまた暖かさが戻ってくるということなので、時期はずれになる前に1月以降に咲いたツバキを紹介しておきたいと思います。


⑰ 岩根絞

 よく知られた、紅色の地に白斑が入る大輪のツバキです。私の庭ではあちらこちらに株があり、育てやすい品種のようです。今年、花が見られたのはこの株だけで、もしかすると動物に食べられたのかもしれません。

S2c3a0250
S2c3a0258
⑱ 玉しぐれ

 上の岩根絞りによく似た花模様ですが、よく見ると筒咲きから椀咲きの整った花姿です。名前に「玉」とつく品種は、有名な「玉之浦」との交配品種だと聞いたことがありますが、何となく似た模様を引き継いでいるように感じます。

S2c3a0220
S9986
⑲ 花仙山

 今年はじめて、きれいな白花をつけました。横張の樹形なので、今はややまとまりのない樹形になっています。このつぼみも初めはもっと多くついていたように思うのですが、だんだんと少なくなり、高い位置にある蕾だけが残ったように思います。やはり動物に食べられたせいでしょうか。

0917
S0241
⑳ 品種名不明

 ヤブツバキの系統ですが、枝が細く、少し垂れるような枝ぶりで、花は小輪の赤花です。今年はたくさんの花をきれいにつけました。この様子をうまく表現しようとしたのですが、如何せん腕が未熟なものですから、実物の美しさを撮すことはできませんでした。

S2c3a1974
S1991
S0959
㉑ 品種名不明

 これもヤブツバキの系統で椀咲きの整った白花中輪ですが、品種名がわかりません。今年はたくさん花をつけたのですが、多くが寒さで変色してしまい、とても残念です。

S2c3a2056
S2c3a2060
㉒ 沖の波

 たった1輪、しかも葉の奥に隠れるように咲きました。淡紅色地に濃紅色の縦絞りが入り、花弁の縁が白い覆輪となる、とても華やかな模様の品種です。来年はもっとたくさん咲いてほしいと願っています。

S2115

 以上、1月から3月初めまでに、撮れた花を紹介しましたが、まだ開花していない品種や今年は咲かなかった品種などがいくつかあります。また機会があれば、他の品種も紹介したいと思っていますが、ひとまずはこの辺でツバキの紹介は終了させていただきます。

















2016年3月 1日 (火)

庭のツバキ(3) 12月に咲き出した品種

 先の「王冠」に続いて、12月に咲き出したツバキを紹介します。なお、私の庭のツバキは早咲きが多いので、今年は12月に咲き出したツバキが多かったように思います。また、雪もなかったので、花が痛むこともなく、きれいに咲きました。


⑬ 四海波

 白地に紅い縦絞りが入る、きれいな模様の品種です。花の大きさは中輪くらいですが、今年は花がやや小さいように感じました。また、開花したときの花があまりきれいではなかったので、開く直前が際立ってきれいだと思いました。

S2c3a9797
S2c3a0226
S2c3a0268
⑭ さつま

 千重咲きというのでしょうか、1枚1枚の花弁がきれいに重なり合っているのがこの品種の魅力です。花が低い所で下向きに咲いていたので、写真を撮るのが難しく、千重咲きのきれいさが伝わるようになかなかうまく撮れませんでした。しかし、うまく花弁に日射しがあたり、透明感のある白さを見ることができたのはラッキーでした。

S2c3a9759
S2c3a9833
S2c3a9834
⑮ 白菊

 こちらも千重咲きというようですが、「さつま」とはまた雰囲気が違います。また、上の花弁と下の花弁が同じ位置に来て、きれいに並ぶ咲き方の列弁咲きになることもあり、私の庭でも見られたことがあります。ただ、樹が若いためか花つきが悪いのが残念です。

S2c3a9917
S2c3a9809
S2c3a0009
⑯ 錦キリン

 今年はじめて咲いたように思います。雄しべが散らばっている散りしべで、あまり整っていない花形の小輪ですが、この時期、私の庭では紅い色が少ないので、いいアクセントになっています。なお、最後の写真のように光の具合でピンクに見えるときもあります。

S2c3a9970
S2c3a0953
S2c3a9976

 次回は1月咲きののツバキを紹介する予定ですが、都合で1週間ほどお休みさせていただきます。




























« 2016年2月 | トップページ